古代人の歯周病
旧石器時代のネアンデルタール人の骨に歯周病の痕跡が認められています。
猿人(アウストラロピテクス)の骨にも歯周病がみつかっています。



古代エジプトのメレンプター王のX線写真でも歯周病の罹患が認められています。

古代人の歯周病を調べてみると、裕福な人ほど罹患率が高かったようです。美食によってより多くの歯垢・歯石が付いたということですね。

人間はを使うようになってから、歯周病に罹患するようになりました。
火を使うことにより食べ物の粘着性が増し、歯垢が歯に付いて歯周病を引き起こすようになったのです。
BACK   TOP